TOP韓非子 ≫ 刻削之道 (韓非子) 現代語訳・書き下し文・原文

 刻削之道 (韓非子) 現代語訳・書き下し文・原文

刻削之道 (韓非子)

[ 原文 ]

桓赫曰、「刻削之道、鼻莫如大、目莫如小。

鼻大可小、小不可大也。目小可大、大不可小也。」

舉事亦然、為其不可復者也、則事寡敗矣。


[ 書き下し文 ]

桓赫曰はく、「刻削の道、鼻は大なるに如くは莫く、目は小なるに如くは莫し。
くゎんかくいはく、「こくさくみち、はなだいなるにくは、めせうなるにくは

鼻の大なるは小にすべきも、小なるは大にすべからず。
はなだいなるはせうにすべきも、せうなるはだいにすべからず

目の小なるは大にすべきも、大なるは小にすべからず」と。
せうなるはだいにすべきも、だいなるはせうにすべからず

事を挙ぐるも亦た然り。其の復びすべからざるを為にせば、
ことぐるもしか。そふたたびすべからざるをためにせば

則ち事敗るること寡し。
すなはことやぶるることすくな


[ 現代語訳 ]

桓赫が言った、「彫刻をするときは、鼻はできるだけ大きいほうがよく、
目はできるだけ小さいほうがよい。

大きな鼻は小さくすることができるが、小さな鼻は大きくすることができない。

小さな目は大きくすることができるが、大きな目は小さくすることができない」と。

何か事を行うときも同じである。やり直しできないことを念頭において行えば、

物事を失敗することは少ない。



関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用