TOP荘子 ≫ 木鶏 (荘子) 現代語訳・書き下し文・原文

 木鶏 (荘子) 現代語訳・書き下し文・原文

木鶏 (荘子)

[ 原文 ]

紀渻子為王養闘雞。

十日而問、「雞已乎。」

曰、「未也。方虛憍而恃気。

十日又問。曰、「未也。猶応嚮景。」

十日又問。曰、「未也。猶疾視而盛気。」

十日又問。曰、「幾矣。雞雖有鳴者、已無變矣。

望之似木雞矣。其徳全矣。異雞無敢応者,反走矣。」


[ 書き下し文 ]

紀渻子、王の為に闘雞を養ふ。
きせいし、わうためとうけいやしな。 

十日にして問ふ、「雞已にするか」と。
じふじつにして、「けいすでにするか。 

曰はく、「未だし。方に虛憍にして気を恃む」と。
はく、「いまだし。まさきょけうにしてたの。 

十日にして又問ふ。曰はく、「未だし。猶ほ嚮景に応ず」と。
じふじつにしてまたと。いはく、「いまだし。なきゃうえいおう。 

十日にして又問ふ。曰はく、「未だし。猶ほ疾視して気を盛んにす」と。
じふじつにしてまたと。いはく、「いまだし。なしっししてさかんにす。 

十日にして又問ふ。曰はく、「幾し。雞、鳴く者有りと雖も、
じふじつにしてまたと。いはく、「ちか。けい、なものありといへど

已に変ずること無し。 之を望むに木雞に似たり。其の徳全し。
すでへんずること。これのぞむにぼくけいたり。そとくまった

異雞敢へて応ずる者無く、反り走らん」と。
いけいあへておうずるものな、かへはしらん。 


[ 現代語訳 ]

紀渻子が、王のために闘鶏用の鶏を飼って訓練していた。

十日経って(王が)尋ねた、「もう鶏は使えるか」と。

(紀渻子が)答えた、「まだです。むやみに虚勢を張って気持ちが先走ります」と。

十日経ってまた尋ねた。答えた、

「まだです。他の鶏の鳴き声を聞いたり姿を見たりすると興奮します」と。

十日経ってまた尋ねた。答えた、

「まだです。他の鶏の姿を見ると睨みつけて闘志をみなぎらせます」と。

十日経ってまた尋ねた。答えた、

「そろそろよいでしょう。他の鶏の鳴き声を聞いても動く気配がありません。

まるで木彫の鶏のように見えます。その徳が充実したのです。

どんな鶏も闘おうとしないで、姿を見ただけで逃げ出してしまうでしょう」と。



関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用