TOP十訓抄 ≫ 十訓抄「大江山」 原文・読み・仮名遣い

 十訓抄「大江山」 原文・読み・仮名遣い

十訓抄 「大江山」

[ 原文 ]

和泉式部、保昌が妻にて、丹後に下りけるほどに、京に歌合ありけるに、

小式部内侍、歌詠みにとられて、歌を詠みけるを、

定頼中納言、たはぶれて、小式部内侍、局にありけるに、

「丹後へ遣はしける人は参りたりや。いかに心もとなく思すらん」と言ひて、

局の前を過ぎられけるを、御簾より半らばかり出でて、わづかに直衣の袖を控へて、

  大江山いくのの道の遠ければまだふみもみず天の橋立

と詠みかけけり。思はずにあさましくて、「こはいかに、かかるやうやはある」

とばかり言ひて、返歌にも及ばず、袖を引き放ちて逃げられけり。

小式部、これより、歌詠みの世におぼえ出で来にけり。これはうちまかせて、

理運のことなれども、かの卿の心には、これほどの歌、

ただいま詠み出だすべしとは、知られざりけるにや。


[ 読み ]

いづみしきぶ、やすまさがめにて、たんごにくだりけるほどに、

きゃうにうたあはせありけるに、こしきぶのないし、うたよみにとられて、うたをよみけるを、

さだよりのちゅうなごん、たはぶれて、こしきぶのないし、つぼねにありけるに、

「たんごへつかはしけるひとはまゐりたりや。いかにこころもとなくおぼすらん」といひて、

つぼねのまへをすぎられけるを、みすよりなからばかりいでて、
わづかになほしのそでをひかへて、

  おほえやまいくののみちのとほければまだふみもみずあまのはしだて

とよみかけけり。おもはずにあさましくて、「こはいかに、かかるやうやはある」

とばかりいひて、へんかにもおよばず、そでをひきはなちてにげられけり。

こしきぶ、これより、うたよみのよにおぼえいできにけり。

これはうちまかせて、りうんのことなれども、かのきゃうのこころには、これほどのうた、

ただいまよみいだすべしとは、しられざりけるにや。


[ 歴史的仮名遣い ⇒ 現代仮名遣い ]

・ いづみしきぶ ⇒ いずみしきぶ   ・ きゃう ⇒ きょう

・ うたあはせ ⇒ うたあわせ   ・ たはぶれて ⇒ たわぶれて

・ つかはしける ⇒ つかわしける   ・ まゐりたり ⇒ まいりたり

・ いひて ⇒ いいて   ・ つぼねのまへ ⇒ つぼねのまえ

・ わづかに ⇒ わずかに   ・ おほえやま ⇒ おおえやま

・ とほければ ⇒ とおければ   ・ おもはずに ⇒ おもわずに

・ かかるやう ⇒ かかるよう   ・ いひて ⇒ いいて

・ きゃう ⇒ きょう



関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用