TOP宇治拾遺物語 ≫ 宇治拾遺物語 「児のそら寝」 原文・読み・仮名遣い

 宇治拾遺物語 「児のそら寝」 原文・読み・仮名遣い

宇治拾遺物語 「児のそら寝」

[ 原文 ]

これも今は昔、比叡の山に児ありけり。僧たち、宵のつれづれに、

「いざ、掻餅せん」と言ひけるを、この児心寄せに聞きけり。

さりとてし出ださんを待ちて、寝ざらんもわろかりなんと思ひて、

片方に寄りて、寝たる由にて、出で来るを待ちけるに、

すでにし出だしたるさまにて、ひしめき合ひたり。

この児、定めて驚かさんずらんと待ち居たるに、

僧の「もの申し候はん。驚かせ給へ」と言ふを、

嬉しとは思へども、ただ一度にいらへんも、待ちけるかともぞ思ふとて、

今一声呼ばれていらへんと、念じて寝たる程に、

「や、な起こし奉りそ。幼き人は寝入り給ひにけり」と言ふ声のしければ、

あな侘しと思ひて、今一度起こせかしと思ひ寝に聞けば、

ひしひしとただ食ひに食ふ音のしければ、ずちなくて、無期の後に、

「えい」といらへたりければ、僧たち笑ふこと限りなし。


[ 読み ]

これもいまはむかし、ひえのやまにちごありけり。そうたち、よひのつれづれに、

「いざ、かいもちひせん」といひけるを、このちごこころよせにききけり。

さりとてしいださんをまちて、ねざらんもわろかりなんとおもひて、

かたかたによりて、ねたるよしにて、いでくるをまちけるに、

すでにしいだしたるさまにて、ひしめきあひたり。

このちご、さだめておどろかさんずらんとまちゐたるに、

そうの「ものまうしさぶらはん。おどろかせたまへ」といふを、

うれしとはおもへども、ただいちどにいらへんも、まちけるかともぞおもふとて、

いまひとこゑよばれていらへんと、ねんじてねたるほどに、

「や、なおこしたてまりそ。をさなきひとはねいりたまひにけり」といふこゑのしければ、

あなわびしとおもひて、いまいちどおこせかしとおもひねにきけば、

ひしひしとただくひにくふおとのしければ、ずちなくて、むごののちに、

「えい」といらへたりければ、そうたちわらふことかぎりなし。


[ 歴史的仮名遣い ⇒ 現代仮名遣い ]

・ かいもちひ ⇒ かいもちい  ・ いひける ⇒ いいける

・ おもひて ⇒ おもいて  ・ ひしめきあひたり ⇒ ひしめきあいたり

・ まちゐたる ⇒ まちいたる  ・ ものまうしさぶらはん ⇒ ものもうしさぶらわん

・ おどろかせたまへ ⇒ おどろかせたまえ  ・ いふを ⇒ いうを

・ おもへども ⇒ おもえども  ・ いらへんも ⇒ いらえんも

・ おもふとて ⇒ おもうとて  ・ ひとこゑ ⇒ ひとこえ

・ いらへんと ⇒ いらえんと  ・ をさなきひと ⇒ おさなきひと

・ いふこゑ ⇒ いうこえ  ・ おもひね ⇒ おもいね

・ くひにくふ ⇒ くいにくう  ・ いらへたり ⇒ いらえたり

・ わらふこと ⇒ わらうこと



関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用