TOP十訓抄 ≫ 十訓抄「大江山」 現代語訳・原文

 十訓抄「大江山」 現代語訳・原文

十訓抄 「大江山」

[ 原文 ]

和泉式部、保昌が妻にて、丹後に下りけるほどに、京に歌合ありけるに、

小式部内侍、歌詠みにとられて、歌を詠みけるを、

定頼中納言、たはぶれて、小式部内侍、局にありけるに、

「丹後へ遣はしける人は参りたりや。いかに心もとなく思すらん」と言ひて、

局の前を過ぎられけるを、御簾より半らばかり出でて、わづかに直衣の袖を控へて、

  大江山いくのの道の遠ければまだふみもみず天の橋立

と詠みかけけり。思はずにあさましくて、「こはいかに、かかるやうやはある」

とばかり言ひて、返歌にも及ばず、袖を引き放ちて逃げられけり。

小式部、これより、歌詠みの世におぼえ出で来にけり。これはうちまかせて、

理運のことなれども、かの卿の心には、これほどの歌、

ただいま詠み出だすべしとは、知られざりけるにや。


[ 現代語訳 ]

和泉式部が、保昌の妻として、丹後の国に下っていたときに、京で歌合があったが、

小式部内侍が、歌人として選ばれて、歌を詠んだのだが、定頼中納言が、ふざけて、

小式部内侍が部屋にいたので、「丹後にさしむけた人は帰ってきましたか。

どんなに待ち遠しくお思いになっているでしょう」と言って、

部屋の前を通り過ぎなさったのを、御簾から半分ほど乗り出して、

ちょっと直衣の袖を引き止めて、

  大江山を越えて生野を通って行く道が遠いので、まだ天の橋立を

  踏んでおりませんし、手紙も見ていません。

と詠みかけた。思いがけず驚きあきれるばかりで、

「これはどうしたことか、こんなことがあるだろうか」とだけ言って、

返歌にも至らないで、袖を振り払ってお逃げになった。

小式部は、このときから、歌詠みの世界で評判が広まってきた。

これはごく普通で、当然のことなんだけれども、あの卿の心には、これほどの歌を、

とっさに詠み出すことができるとは、ご存知でなかったのであろうか。



関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用