TOP宇治拾遺物語 ≫ 宇治拾遺物語「児のそら寝」 現代語訳・原文

 宇治拾遺物語「児のそら寝」 現代語訳・原文

宇治拾遺物語 「児のそら寝」

[ 原文 ]

これも今は昔、比叡の山に児ありけり。僧たち、宵のつれづれに、

「いざ、掻餅せん」と言ひけるを、この児心寄せに聞きけり。

さりとて、し出ださんを待ちて、寝ざらんもわろかりなんと思ひて、

片方に寄りて、寝たる由にて、出で来るを待ちけるに、

すでにし出だしたるさまにて、ひしめき合ひたり。

この児、定めて驚かさんずらんと待ち居たるに、

僧の「もの申し候はん。驚かせ給へ」と言ふを、嬉しとは思へども、

ただ一度にいらへんも、待ちけるかともぞ思ふとて、

今一声呼ばれていらへんと、念じて寝たる程に、

「や、な起こし奉りそ。幼き人は寝入り給ひにけり」と言ふ声のしければ、

あな侘しと思ひて、今一度起こせかしと思ひ寝に聞けば、

ひしひしとただ食ひに食ふ音のしければ、ずちなくて、

無期の後に「えい」といらへたりければ、僧たち笑ふこと限りなし。


[ 現代語訳 ]

これも今となっては昔のことだが、比叡の山に稚児がいた。僧たちが、宵の所在なさに、

「さあ、ぼた餅を作ろう」と言ったのを、この稚児は期待して聞いた。

そうかといって、作り上げるのを待って、寝ないのも具合が悪いだろうと思って、

片隅に寄って、寝たふりをして、できてくるのを待っていたが、

すでに作り上げた様子で、大勢で騒ぎ立てている。

この稚児は、きっと起こそうとするだろうと待っていたところ、

僧が「もしもし。目をお覚ましなさい」と言うのを、嬉しいとは思うが、

ただ一度で返事をするのも、待っていたのかと思われるだろうと考えて、

もう一度呼ばれてから返事をしようと、我慢して寝ていたところ、

「おい、お起こし申すな。幼い人は眠ってしまわれたのだ」と言う声がしたので、

ああ困ったと思って、もう一度起こしてくれと思いながら寝て聞いていると、

むしゃむしゃとただ盛んに食べる音がするので、どうしようもなくて、

時間が長く経ってから「はい」と返事をしたので、僧たちの笑うこと、きりがなかった。



関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用