TOP宇治拾遺物語 ≫ 宇治拾遺物語 「木こりの歌」 現代語訳・原文

 宇治拾遺物語 「木こりの歌」 現代語訳・原文

山形県 公立高校 入試問題

宇治拾遺物語 「木こりの歌」

[ 原文 ]

今は昔、木こりの、山守に斧を取られて、

侘し、心憂しと思ひて、頬杖うちつきてをりける。

山守見て、「さるべきことを申せ。とらせん」と言ひければ、

  悪しきだになきはわりなき世間によきを取られて我いかにせむ
  
と詠みたりければ、山守返しせんと思ひて、

「うううう」とうめきけれど、えせざりけり。

さて斧返しとらせてければ、嬉しと思ひけりとぞ。

人はただ歌をかまへて詠むべしと見えたり。


[ 現代語訳 ]

今となっては昔のことだが、木こりが山の番人に斧を取られて、

つらい、情けないと思い、ほおづえをついていた。

山の番人が見て、「何かそれ相応の歌でも詠んでみろ。返してやろう」と言ったので、

  悪い物でさえないと困る世の中なのに、良い物である斧を取られて、
  私はどうしたらよいのか

と詠んだので、山の番人は返歌をしようと思って、「うううう」とうめいたが、できなかった。

それで斧を返してくれたので、嬉しいと思ったということだ。

人はただ歌を詠むように心掛けておくべきだと思われる。



関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用