TOP公立高校 入試問題 ≫ 神奈川県 公立高校 入試問題

 神奈川県 公立高校 入試問題

平家物語「競」 現代語訳・原文

[ 原文 ]

源三位入道の嫡子仲綱のもとに、九重に聞えたる名馬あり。

鹿毛なる馬の、並びなき逸物、乗り、走り、心むき、またあるべしとも覚えず。

名をば木の下とぞ言はれける。前右大将これを伝へ聞き、仲綱のもとへ使者たて、

「聞こえ候ふ名馬を、見候はばや。」とのたまひつかはされければ、伊豆守の返事には、

「さる馬は持つて候ひつれども、このほどあまりに乗り損じて候ひつるあひだ、

しばらくいたはらせ候はむとて、田舎へつかはして候ふ。」

「さらんには力なし。」とて、その後沙汰もなかりしを、

多く並みゐたりける平家の侍ども、「あっぱれその馬は、をととひまでは候しものを。」

「昨日も候ひし。」「けさも庭乗りし候つる。」なんど申しければ、

「さては惜しむごさんなれ。憎し、請へ。」とて、

侍して馳せさせ、文なんどしても、一日がうちに、五六度、七八度なんど、請はれければ、

三位入道これを聞き、伊豆守呼び寄せ、「たとひ黄金をまろめたる馬なりとも、

それほどに人の請はうものを、惜しむべきやうやある。

すみやかにその馬、六波羅へつかはせ。」とこそのたまひけれ。

伊豆守力及ばで、一首の歌を書きそへて、六波羅へつかはす。

   恋しくは来ても見よかし身にそへるかげをばいかが放ちやるべき


[ 現代語訳 ]

源三位入道の長男、仲綱のところに、朝廷で評判になっている名馬がいる。

鹿毛の馬で、並ぶもののない優れもの、乗り心地、走りぐあい、気だて、

他にあるだろうとは思われない。名を木の下と呼ばれていた。

前右大将はこれを伝え聞いて、仲綱のところへ使者を出し、

「評判の名馬を拝見したいものです」と言っておやりになったところ、伊豆守の返事には、

「そのような馬は持っておりましたが、このごろあまりにも乗り過ぎて疲れさせましたので、

しばらく休ませようと思い、田舎にやっております」

「そういうわけならば仕方がない」と言って、その後、音沙汰がなかったが、

たくさん座って並んでいる平家の侍たちが、「ああ、その馬は、一昨日まではおりましたが」

「昨日もおりました」「今朝も庭で乗っていました」などと申し上げたので、

「それでは惜しんでいるのだな。憎らしい。請求しろ」と言って、

家来に命じて駆けらせて、手紙も書いて、一日のうちに五・六度、七・八度と請求なさったので、

三位入道がこれを聞き、伊豆守を呼び寄せて、「たとえ黄金を丸めて作った馬であっても、

それほどに人が欲しがるものを、惜しんだりしてはいけない。

すぐにその馬を六波羅に与えなさい」とおっしゃった。

伊豆守は仕方なく、一首の歌を書き添えて、六波羅に与える。

   恋しいならば来て見なさい。自分に寄り添っている影のような馬を

   どうして手放すことができようか。

関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用