TOP宇治拾遺物語 ≫ 宇治拾遺物語「袴垂保昌にあふ事」 現代語訳・原文

 宇治拾遺物語「袴垂保昌にあふ事」 現代語訳・原文

宇治拾遺物語「袴垂保昌にあふ事」

[ 原文 ]

昔、袴垂とていみじき盗人の大将軍ありけり。

十月ばかりに、衣の用なりければ、衣少しまうけむとて、

さるべき所々うかがひ歩きけるに、夜中ばかりに、

人みな静まり果てて後、月の朧なるに、

衣あまた着たりける主の、指貫のそば挟みて、絹の狩衣めきたる着て、

ただ一人笛吹きて、行きもやらず練り行けば、

あはれ、これこそ、我に絹得させむとて、出でたる人なめりと思ひて、

走りかかりて衣をはがむと思ふに、怪しくものの恐ろしく覚えければ、

添いて二三町ばかり行けども、我に人こそ付きたると思ひたる気色もなし。

いよいよ笛を吹きて行けば、試みむと思ひて、足を高くして走り寄りたるに、

笛を吹きながら見返りたる気色、取りかかるべくも覚えざりければ、走り退きぬ。

かやうに、あまたたび、とざまかうざまにするに、つゆばかりも騒ぎたる気色なし。

希有の人かなと思ひて、十余町ばかり具して行く。

さりとてあらむやはと思ひて、刀を抜きて走りかかりたるときに、

そのたび笛を吹きやみて、たち返りて、「こは何者ぞ」と問ふに、

心も失せて、われにもあらで、つい居られぬ。

また、「いかなる者ぞ」と問へば、

今は逃ぐとも、よも逃がさじと覚えければ、

「引剥ぎに候ふ」と言へば、「何者ぞ」と問へば、

「字袴垂となむ言はれ候ふ」と答ふれば、

「さいふ者ありと聞くぞ。危ふげに希有のやつかな」と言ひて、

「ともにまうで来」とばかり言ひかけて、また同じやうに笛吹きて行く。

この人の気色、今は逃ぐとも、よも逃がさじと覚えければ、

鬼に神取られたるやうにて、ともに行くほどに、家に行き着きぬ。

いづこぞと思へば、摂津前司保昌といふ人なりけり。

家の内に呼び入れて、綿厚き衣一つを賜りて、

「衣の用あらむときは参りて申せ。心も知らざらむ人に取りかかりて、汝、過ちすな」

とありしこそ、あさましく、むくつけく、恐ろしかりしか。

いみじかりし人の有様なりと、捕らへられて後語りける。


[ 現代語訳 ]

昔、袴垂といって並外れた盗賊の頭領がいた。

十月頃に、衣類が必要になったので、衣服を少し手に入れようと思って、

よさそうな所をあちこちうかがって歩いていたところ、夜中くらいに、

人がみな寝静まってしまった後、月がぼんやりとかすんでいたが、

衣服をたくさん着ている人が、指貫の股立を挟んで、絹の狩衣のようなものを着て、

ただ一人笛を吹いて、進むともなくゆっくりと静かに歩いて行くので、

ああ、これこそ、自分に衣服を得させようとして、現れた人であろうと思って、

走りかかって衣服をはぎ取ろうと思ったが、不思議にそら恐ろしく感じたので、

ぴったりついて二三町ほど行くが、自分に誰かがついていると思っている様子もない。

ますます笛を吹いて行くので、試してみようと思って、足音高く走り寄ったが、

笛を吹きながら振り返った様子は、立ち向かえそうにも思われなかったので、走って逃げた。

このように、何度も、あれこれ色々とやってみるが、ほんの少しも騒ぐ様子がない。

珍しい人だと思って、十余町ほどついて行く。

そうかといってこのままでいられようかと思って、刀を抜いて走りかかった時に、

今度は笛を吹くのをやめて、振り返って、「お前は何者だ」と尋ねると、

驚いて気が遠くなり、茫然自失の状態になって、その場にしゃがみ込んでしまった。

また、「どういう者だ」と尋ねるので、

今となっては逃げても、まさか逃がさないだろうと思われたので、

「追いはぎです」と言ったところ、「何という者だ」と尋ねるので、

「呼び名は袴垂と言われております」と答えると、

「そういう者がいると聞いている。物騒で怪しからぬやつだ」と言って、

「いっしょについて来い」とだけ言葉をかけて、また同じように笛を吹いて行く。

この人の様子では、今となっては逃げても、まさか逃がさないだろうと思われたので、

鬼に魂を取られたかのような状態で、いっしょに行くうちに、家に到着した。

どこだろうかと思うと、摂津の前司保昌という人であった。

家の中に呼び入れて、綿の厚い衣服を一枚くださって、

「衣服が必要な時は参って申せ。気心も知らない人におそいかかって、お前、しくじるな」

と言ったのだが、驚くばかりで、不気味であり、恐ろしかった。

すばらしい人の御様子であったと、捕らえられたのちに語った。

関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用