TOP十訓抄 ≫ 十訓抄「成方の笛」 現代語訳・原文

 十訓抄「成方の笛」 現代語訳・原文

十訓抄「成方の笛」

[ 原文 ]

成方といふ笛ふきありけり。

御堂入道殿より大丸といふ笛を給はりて、吹きけり。

めでたきものなれば、伏見修理大夫俊綱朝臣ほしがりて、

「千石に買はむ」とありけるを、売らざりければ、

たばかりて、使をやりて、売るべきの由いひけり。

そらごとをいひつけて、成方を召して、

「笛得させむといひける、本意なり」と悦びて、

「あたひは乞ふによるべし」とて、「ただ買ひに買はむ」といひければ、

成方、色を失ひて、「さること申さず」といふ。

この使を召し迎へて、尋ねらるるに、「まさしく申し候ふ」といふほどに、

俊綱大きに怒りて、「人をあざむき、すかすは、その咎、軽からぬことなり」とて、

雑色所へ下して、木馬に乗せむとするあひだ、

成方いはく、「身の暇をたまはりて、この笛を持ちて参るべし」といひければ、

人をつけて遣はす。

帰り来て、腰より笛をぬきいでていふやう、

「このゆゑにこそかかる目は見れ。情けなき笛なり」とて、

軒のもとに下りて、石を取りて、灰のごとくにうちくだきつ。

大夫、笛を取らむと思ふ心の深さにこそ、さまざまかまへけれ。

今はいふかひなければ、いましむるに及ばずして、追ひ放ちにけり。

のちに聞けば、あらぬ笛を、大丸とてうちくだきて、

もとの大丸はささいなく吹き行きければ、大夫のをこにてやみにけり。

はじめはゆゆしくはやりごちたりけれど、つひにいだしぬかれにけり。


[ 現代語訳 ]

成方という笛吹きがいた。

御堂入道殿から大丸という笛をいただいて、吹いていた。

すばらしいものだったので、伏見修理大夫俊綱朝臣が欲しがって、

「千石で買おう」ともちかけたが、売らなかったので、

計略をめぐらして、使いを遣わし、(その使いは)笛を売ろうという意向だと言った。

うその用事を言いつけて、成方を呼び出し、

「笛を譲ろうと言ったそうだが、本来の望みである」と喜んで、

「値段は望むままだ」と言い、「さあ買おう買おう」と言ったので、

成方は、真っ青になって、「そのようなことは申しておりません」と言う。

この使いを召し出して、お尋ねになると、「たしかに申しました」と言うので、

俊綱は非常に怒って、「人を欺き、だますのは、その罪は軽くないことである」と言って、

雑務従事者の詰所に連れて行って、木馬責めの拷問にかけようとしたところ、

成方が言うには、「私に時間をいただいて、その笛を持って参ります」と言ったので、

人を付き添わせて帰らせた。

帰って来て、腰から笛を抜き出して言うには、

「この笛のせいでこんな目にあうのだ。嘆かわしい笛だ」と言って、

軒下に下りて、石を取って、灰のように打ち砕いてしまった。

大夫は、笛を取り上げようと思う気持ちが強かったので、いろいろ画策した。

今となっては仕方がないので、処罰するまでもなく、解放してしまった。

あとで聞くと、ほかの笛を大丸といって打ち砕いて、

本物の大丸は何事もなく吹き歩いていたので、大夫の間抜けということで終わってしまった。

最初は、たいそう勇みたっていたが、最後には出しぬかれてしまった。

関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用