TOP十八史略 ≫ 完璧而帰 現代語訳・書き下し文・原文

 完璧而帰 現代語訳・書き下し文・原文

完璧而帰 現代語訳・書き下し文・原文

[ 原文 ]

趙恵文王、嘗得楚和氏璧。

秦昭王、請以十五城易之。

欲不与畏秦強、欲与恐見欺。

藺相如願奉璧往。

曰、「城不入、則臣請、完璧而帰。」

既至。秦王無意償城。

相如乃紿取璧、怒髪指冠、

卻立柱下曰、「臣頭与璧倶砕。」

遣従者懐璧、閒行先帰、身待命於秦。

秦昭王賢而帰之。


[ 書き下し文 ]

趙の恵文王、嘗て楚の和氏の璧を得たり。
てうけいぶんわう、かっくゎしへきたり

秦の昭王、十五城を以て之に易へんと請ふ。
しんせうわう、じふごじゃうもっこれへんと

与へざらんと欲すれば秦の強きを畏れ、
あたへざらんとほっすればしんつよきをおそ

与へんと欲すれば欺かれんことを恐る。
あたへんとほっすればあざむかれんことをおそ

藺相如、璧を奉じて往かんと願ふ。
りんしゃうじょ、へきほうじてかんとねが

曰はく、「城入らずんば、則ち臣請ふ、壁を完うして帰らん」と。
はく、「しろいらずんば、すなはしんこ、へきまったうしてかへらん

既に至る。秦王城を償ふに意無し。
すでいた。しんわうしろつぐなふにいな

相如乃ち紿きて璧を取り、怒髪冠を指し、
しゃうじょすなはあざむきてへき、どはつかんむり

柱下に卻立して曰はく、「臣が頭は璧と倶に砕けん」と。
ちゅうかきゃくりつしてはく、「しんかうべへきともくだけん

従者をして壁を懐きて、閒行して先づ帰らしめ、身は命を秦に待つ。
じゅうしゃをしてへきいだきて、かんこうしてかへらしめ、みめいしん

秦の昭王賢として之を帰す。
しんせうわうけんとしてこれかへ


[ 現代語訳 ]

趙の恵文王は、かつて楚の和氏の璧を手に入れた。

秦の昭王は、十五の城とこれを交換しようと申し込んできた。

与えまいとすれば秦の強いのが恐ろしく、与えようとすれば騙されるのを恐れた。

藺相如が璧を大切に持って行くことを願い出た。

言った、「もし城が手に入らなければ、私はきっと璧を完全な形で持ち帰りましょう」と。

すでに到着した。秦王には城を代償にする意志はなかった。

相如はそこで欺いて璧を取り返して、逆立った髪が冠を突き上げるほど激しく怒り、

柱の下まで後退して立って言った、「私の頭は璧とともに砕けるだろう」と。

供の者に璧を持たせて、抜け道を通って先に帰らせ、自分は秦王の処分を待った。

秦の昭王は賢者であるとして相如を帰した。

関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用