TOP漢詩 ≫ 宿建徳江(孟浩然) 現代語訳・書き下し文・原文

 宿建徳江(孟浩然) 現代語訳・書き下し文・原文

宿建徳江(孟浩然)

[ 原文 ]

移 舟 泊 烟 渚

日 暮 客 愁 新

野 曠 天 低 樹

江 清 月 近 人


[ 書き下し文 ]

舟を移して煙渚に泊す
ふねうつしてえんしょはく

日暮れて客愁新たなり
ひくれてかくしゅうあらたなり

野は曠くして天は樹に低れ
ひろくしててん

江は清くして月は人に近し
こうきよくしてつきひとちか


[ 現代語訳 ]

舟を移して霧の立ち込める渚に宿をとる。

日が暮れて、旅の愁いが身にしみる。

野は広く、天は樹々の上に垂れ、

江は清らかで、月はすぐ近くにある。


関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用