TOP漢詩 ≫ 秋夜寄丘員外 (韋応物) 現代語訳・書き下し文・原文

 秋夜寄丘員外 (韋応物) 現代語訳・書き下し文・原文

秋夜丘員外に寄す(韋応物)
しうやきういんぐゎい

秋の夜、丘員外に寄せて

[ 原文 ]

懷 君 屬 秋 夜
  
散 歩 詠 涼 天
  
山 空 松 子 落
  
幽 人 應 未 眠


[ 書き下し文 ]  

君を懐ひて秋夜に属す
きみおもひてしうやぞく

散歩して涼天に詠ず
さんぽしてりゃうてんえい

山空しくして松子落つ
やまむなしくしてしょうしお

幽人応に未だ眠らざるべし
いうじんまさいまねむらざるべし


[ 現代語訳 ]

君のことを思って、秋の夜、

散歩しながら、涼しい空の下で詩を吟じている。

山はひっそりとして、松かさの落ちる音がする。

俗世間を避けて暮らす君はきっとまだ眠らずにいるだろう。


関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用