TOP漢詩 ≫ 秋風引 (劉禹錫) 現代語訳・書き下し文・原文

 秋風引 (劉禹錫) 現代語訳・書き下し文・原文

秋風の引(劉禹錫)
しうふういん

秋風の歌

[ 原文 ]

何 處 秋 風 至

蕭 蕭 送 雁 羣

朝 來 入 庭 樹

孤 客 最 先 聞


[ 書き下し文 ]

何れの処よりか秋風至る
いづれのところよりかしうふういた

蕭蕭として雁群を送る
せうせうとしてがんぐんおく

朝来庭樹に入り
てうらいていじゅ

孤客最も先に聞く
こかくもっとさき


[ 現代語訳 ]

どこからか秋風が吹いてきた。

もの寂しい音をたてて雁の群を送る。

けさがた庭さきの樹々に吹きこむのを、

一人ぼっちの旅人が誰よりも先に聞きつけた。


関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用