TOP漢詩 ≫ 春夜 (蘇軾) 現代語訳・書き下し文・原文

 春夜 (蘇軾) 現代語訳・書き下し文・原文

春夜(蘇軾)
しゅんや

春の夜

[ 原文 ]

春 宵 一 刻 直 千 金

花 有 清 香 月 有 陰

歌 管 楼 台 聲 細 細

鞦 韆 院 落 夜 沈 沈


[ 書き下し文 ]

春宵一刻直千金
しゅんせういっこくあたひせんきん

花に清香有り月に陰有り
はなせいかうあつきかげあ

歌管楼台声細細
かくゎんろうだいこゑさいさい

鞦韆院落夜沈沈
しうせんゐんらくよるちんちん


[ 現代語訳 ]

春の夜は、ほんの短い時間でも千金の値打ちがある。

花は清らかな香りを漂わせ、月はおぼろに霞んでいる。

歌や楽器で賑やかだった楼台からは、かすかな声だけがする。

ぶらんこのある中庭に夜は深々と更けていく。


関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用