TOP漢文 ≫ 漁父之利 現代語訳・書き下し文

 漁父之利 現代語訳・書き下し文

漁父之利(戦国策)

[ 原文 ]

趙且伐燕。蘇代為燕謂恵王曰、

「今者臣来過易水。蚌方出曝。

而鷸啄其肉。蚌合而箝其喙。

鷸曰、『今日不雨、明日不雨、即有死蚌。』

蚌亦謂鷸曰、『今日不出、明日不出、即有死鷸。』

両者不肯相舎。漁者得而○擒之。

今趙且伐燕。燕・趙久相支、以敝大衆、

臣恐強秦之為漁父也。故願王之熟計之也。」

恵王曰、「善。」乃止。


[ 書き下し文 ]

趙且に燕を伐たんとす。
てうまさえんたんとす

蘇代燕の為に恵王に謂ひて曰はく、
そだいえんためけいわうひてはく

「今者臣来たりて易水を過ぐ。
「いましんきたりてえきすい

蚌方に出でて曝す。而して鷸其の肉を啄む。
ばうまさでてさら。しかうしていつそにくついば

蚌合して其の喙を箝む。
ばうがつしてくちばしはさ

鷸曰はく、『今日雨ふらず、
いついはく、『こんにちあめふらず

明日雨ふらずんば、即ち死蚌有らん』と。
みゃうにちあめふらずんば、すなはしばうあらん

蚌も亦鷸に謂ひて曰はく、『今日出ださず、
ばうまたいつひてはく、『こんにちいださず

明日出ださずんば、即ち死鷸有らん』と。
みゃうにちいださずんば、すなはしいつあらん

両者相舎つるを肯んぜず、漁者得て之を○せ擒ふ。
りやうしやあひすつるをがへんぜず。ぎよしやえこれあはとら

今趙且に燕を伐たんとす。
いまてうまさえんたんとす

燕・趙久しく相支へて、以て大衆を敝れしめば、
えん・てうひさしくあひささへて、もつたいしゆうつかれしめば

臣強秦の漁父と為らんことを恐るるなり。
しんきやうしんぎよふらんことをおそるるなり

故に王の之を熟計せんことを願ふなり」と。
ゆゑわうこれじゆくけいせんことをねがふなり

恵王曰はく、「善し」と。乃ち止む。
けいわういはく、「よ。すなは


[ 現代語訳 ]

趙の国が燕の国を攻めようとした。

蘇代が燕のために惠王に申し上げた、

「今わたしが来るときに易水を通りました。

からす貝がちょうど出て日に当たっていました。

そしてシギがその肉をついばみました。

からす貝は閉じてそのくちばしをはさみました。

シギが言いました、『今日雨が降らず、

明日雨が降らなければ、死んだからす貝ができるだろう』と。

からす貝もまたシギに言いました、『今日放さず、

明日放さなければ、死んだシギができるだろう』と。

両方とも互いに放すことを承知せず、

漁師がこれを両方いっしょに捕らえることができました。

今趙の国は燕の国を攻めようとしています。

燕の国と趙の国が長い間対抗しあって、それによって民衆を疲弊させたならば、

わたしは強い秦の国が漁師のようになるのを恐れているのです。

ですから、王がこのことをよくお考えになることを願っているのです」と。

恵王が言った、「わかった」と。そこで止めた。


関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用