TOP十八史略 ≫ 創業守成(十八史略) 現代語訳・書き下し文

 創業守成(十八史略) 現代語訳・書き下し文

創業守成(十八史略)

[ 原文 ]

太宗嘗問侍臣、「創業守成孰難。」

房玄齢曰、「草昧之始、群雄並起、

角力而後臣之。創業難矣。」

魏徴曰、「自古、帝王莫不得之於艱難、

失之於安逸。守成難矣。」

上曰、「玄齢与吾共取天下、

出百死得一生。故知創業之難。

徴与吾共安天下、常恐驕奢生於富貴、

禍乱生於所忽。故知守成之難。

然創業之難、往矣。

守成之難、方与諸公慎之。」


[ 書き下し文 ]

太宗嘗て侍臣に問ふ、「創業と守成と孰れか難き」と。
たいそうかつじしん、「さうげふしゆせいいづれかかた

房玄齢曰はく、「草昧の始め、群雄並び起こり、
ばうげんれいいはく、「さうまいはじ、ぐんゆうならこり

力を角して而る後に之を臣とす。創業難し」と。
ちからかくしてしかのちこれしんとす。さうげふかた

魏徴曰はく、「古より、帝王之を艱難に得て、
ぎちよういはく、「いにしへより、ていわうこれかんなん

之を安逸に失はざるは莫し。守成難し」と。
これあんいつうしなはざるは。しゆせいかた

上曰はく、「玄齢は吾と共に天下を取り、
しやういはく、「げんれいわれともてんか

百死を出でて一生を得たり。故に創業の難きを知る。
ひやくしでていつせいたり。ゆゑさうげふかたきを

徴は吾と共に天下を安んじ、常に驕奢の富貴に生じ、
ちようわれともてんかやすんじ、つねけうしやふうきしやう

禍乱の忽せにする所に生ずるを恐る。故に守成の難きを知る。
くわらんゆるがせにするところしやうずるをおそ。ゆゑしゆせいかたきを

然れども創業の難きは往けり。
しかれどもさうげふかたきはけり

守成の難きは、方に諸公と之を慎まん」と。
しゆせいかたきは、まさしよこうこれつつしまん


[ 現代語訳 ]

(注)「創業」とは「事業を新しく起こすこと」で

   「守成」とは「創業された事業を受け継いで維持し発展させること」です。

太宗が以前そばで奉仕する家来に尋ねた、

「創業と守成とではどちらのほうが困難だろうか」と。

房玄齢が言った、「世の中が未開で秩序が整っていない初めのころは、

多くの英雄がつらなって出現し、力を競って勝敗を争い、

それから相手を臣下にしました。創業のほうが困難です」と。

魏徴が言った、「昔から、帝王は天下を苦難のすえに得て、

何もせずに遊び暮らすうちに必ずこれを失っています。守成のほうが困難です」と。

皇帝が言った、「玄齢は私と共に天下を取り、

何回も命を失いそうな危険な状況に陥りながら生き延びてきた。

だから創業の困難なことを知っている。

魏徴は私と共に天下を安定させ、常に、驕りや贅沢が裕福で身分が高くなることから生じ、

災いや世の乱れが物事をいいかげんにすることから生じるのを恐れてきた。

だから守成の困難なことを知っている。

しかし創業の困難は過ぎ去った。

守成の困難は、今まさに諸公とこれを慎重に行ないたい」と。


関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用