TOP漢文 ≫ 愛蓮説 現代語訳・書き下し文

 愛蓮説 現代語訳・書き下し文

愛蓮説

[ 原文 ]

水陸草木之花、可愛者甚蕃。

晋陶淵明独愛菊。

自李唐来世人甚愛牡丹。

予独愛蓮之出淤泥而不染、濯清漣而不妖、

中通外直、不蔓不枝、香遠益々清、

亭亭浮植、可遠観而不可褻翫焉。

予謂、菊華之隠逸者也。

牡丹華之富貴者也。

蓮華之君子者也。

噫、菊之愛、陶後鮮有聞。

蓮之愛、同予者何人。

牡丹之愛、宜乎衆矣。


[ 書き下し文 ]

水陸草木の花、愛すべき者甚だ蕃し。

晋の陶淵明は独り菊を愛す。

李唐より来、世人甚だ牡丹を愛す。

予独り蓮の淤泥より出でて染まらず、清漣に濯はれて妖ならず、

中通じ外直く、蔓あらず枝あらず、香り遠くして益清く、

亭亭として浄く植ち、遠観すべくして褻玩すべかざるを愛す。

予謂へらく、菊は華の隠逸なる者なり、

牡丹は華の富貴なる者なり、蓮は華の君子なる者なりと。

噫、菊を之れ愛するは、陶の後聞く有ること鮮し。

蓮を之れ愛するは、予に同じき者何人ぞ。

牡丹を之れ愛するは、宜なるかな衆きこと。


[ 現代語訳 ]

水中・陸上の草木の花には、愛すべきものが非常に多い。

晋の陶淵明はひとり菊を愛した。

唐王朝以来、世間の人はとても牡丹を愛している。

私ひとりは、泥の中から出ても染まらず、

清らかなさざ波に洗われてもなまめかしくなく、

茎の中は穴が通っていて外側はまっすぐに伸び、

蔓もなければ枝もなく、香りは遠くなるほどますます清らかに漂い、

すっきりと高く清らかに立ち、遠くから眺めることはできるが、

手元に置いてもてあそぶことはできない、そんな蓮の花を愛す。

私が思うには、菊の花は隠逸の人物であり、

牡丹の花は富貴な人物であり、蓮の花は君子たる人物である。

ああ、菊を愛するのは、陶淵明の後、耳に入ることが少ない。

蓮を愛するのは、私と同等の人は何人ほどいるだろう。 

牡丹を愛するのは、多くの人が愛しても当然だ。


関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用