TOP漢文 ≫ 不顧後患 現代語訳・書き下し文

 不顧後患 現代語訳・書き下し文

不顧後患(説苑)

[ 原文 ]

呉王欲伐荊、告其左右曰、「敢有諫者死。」

舎人有少孺子者。欲諫不敢。

則懷丸操彈、遊於後園。露沾其衣。如是者三旦。

呉王曰、「子來。何苦沾衣如此。」

對曰、「園中有樹。其上有蝉。

蝉高居悲鳴飲露、不知螳螂在其後也。

螳螂委身曲附、欲取蝉、而不知黄雀在其傍也。

黄雀延頸、欲啄螳螂、而不知彈丸在其下也。

此三者、皆務欲得其前利、而不顧其後之有患也。」

呉王曰、「善哉。」乃罷其兵。


[ 書き下し文 ]

呉王荊を伐たんと欲し、其の左右に告げて日はく、

「敢へて諫むる者有らば死せん。」と。

舎人に少儒子なる者有り。諫めんと欲するも敢へてせず。

即ち丸を懐き弾を操りて、後園に遊ぶ。

露其の衣を沾す。是くのごとき者三旦なり。

呉王日はく、「子来たれ。

何ぞ苦しみて衣を沾すこと此くのごとき。」と。

対へて日はく、「園中に樹有り。其の上に蝉有り。

蝉高居し悲鳴して露を飲み、蟷螂の其の後ろに在るを知らざるなり。

蟷螂身を委ねて曲附し、蝉を取らんと欲し、

而も黄雀の其の傍らに在るを知らざるなり。

黄雀頸を延べ、蟷螂を啄まんと欲し、

而も蝉丸の其の下に在るを知らざるなり。

此の三者は、皆務めて其の前利を得んと欲し、

而も其の後ろの患へ有るを顧みざるなり。」と。

呉王日はく、「善きかな。」と。乃ち其の兵罷む。

関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用