TOP漢文 ≫ 定伯売鬼 現代語訳・書き下し文

 定伯売鬼 現代語訳・書き下し文

[ 定伯売鬼 ]

・ ホームページで「ニューバージョン」を公開しました。

売鬼・捜神記 現代語訳・書き下し文

[ 原文 ]

南陽宋定伯、年少時、夜行逢鬼。

問之、鬼言、「我是鬼。」

鬼問、「汝復誰。」

定伯誑之言、「我亦鬼。」

鬼問、「欲至何所。」

答曰、「欲至宛市。」

鬼言、「我亦欲至宛市。」

遂行数里。

鬼言、「歩行太遅。可共逓相担。何如。」
    
定伯曰、「大善。」

鬼便先担定伯数里。

鬼言、「卿太重。将非鬼也。」

定伯言、「我新鬼。故身重耳。」

定伯因復担鬼。鬼略無重。如是再三。

定伯復言、「我新鬼。不知有何所畏忌。」

鬼答言、「惟不喜人唾。」

於是、共行。道遇水。

定伯令鬼先渡、聴之、了然無声音。

定伯自渡、漕漼作声。

鬼復言、「何以有声。」

定伯曰、「新死、不習渡水故耳。勿怪吾也。」

行欲至宛市、定伯便担鬼著肩上、急執之。

鬼大呼、声咋咋然。索下、不復聴之。

径至宛市中、下著地、化為一羊。便売之。

恐其変化、唾之。得銭千五百、乃去。

当時石崇有言、「定伯売鬼、得銭千五。」


[書き下し文]

南陽の宋定伯、年少き時、夜行きて鬼に逢ふ。

之に問ふに、鬼言ふ、「我は是れ鬼なり」と。

鬼問ふ、「汝は復た誰ぞ」と。

定伯之を誑きて言ふ、「我も亦た鬼なり」と。

鬼問ふ、「何れの所にか至らんと欲する」と。

答へて曰はく、「宛の市に至らんと欲す」と。

鬼言ふ、「我も亦た、宛の市に至らんと欲す」と。

遂に行くこと、数里なり。

鬼言ふ、「歩行すること太だ遅し。

共に逓ひに相担ふべし。何如」と。

定伯曰はく、「大いに善し」と。

鬼便ち先づ定伯を担ふこと数里なり。

鬼言ふ、「卿太だ重し。将た鬼に非ずや」と。

定伯言ふ、「我は新鬼なり。故に身重きのみ」と。

定伯因りて復た鬼を担ふ。鬼略重さ無し。

是くのごとくすること再三なり。

定伯復た言ふ、「我は新鬼なり。

何の畏忌する所有るかを知らず」と。

鬼答へて言ふ、「惟だ人の唾を喜ばざるのみ」と。

是に於いて共に行き、道に水に遇ふ。

定伯鬼をして先に渡らしめ、之を聴くに、了然として声音無し。

定伯自ら渡れば、漕漼として声を作す。

鬼復た言ふ、「何を以て声有るか」と。

定伯曰はく、

「新たに死すれば、水を渡ることに習はざるが故なるのみ。

吾を怪しむこと勿かれ」と。

行宛の市に至らんと欲し、定伯便ち鬼を担ひて肩の上に著け、急に之を執らふ。

鬼大いに呼び、声咋咋然たり。

下ろさんことを索むるも、復た之を聴かず。

径ちに宛の市中に至り、下ろして地に著くれば、化して一羊と為(な)る。

便ち之を売る。

其の変化するを恐れて、之に唾す。

銭千五百を得て乃ち去る。

当時石崇言へる有り、

「定伯鬼を売り、銭千五を得たり」と。

関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用