TOP漢詩 ≫ 春望 (杜甫) 現代語訳・書き下し文

 春望 (杜甫) 現代語訳・書き下し文

[ 春望 ]杜甫

[ 原文 ]

国 破 山 河 在     

城 春 草 木 深     

感 時 花 濺 涙     

恨 別 鳥 驚 心     

烽 火 連 三 月     

家 書 抵 萬 金     

白 頭 掻 更 短     

渾 欲 不 勝 簪

     
[ 書き下し文 ]

国破れて山河在り

城春にして草木深し

時に感じては花にも涙を濺ぎ

別れを恨んでは鳥にも心を驚かす

烽火三月に連なり

家書万金に抵る

白頭掻かけば更に短く

渾べて簪に勝へざらんと欲す


[ 現代語訳 ]

国都は破壊されてしまったが、山や河はもとの姿のまま残っている。

城内は春になったが、ただ草木が生い茂っているだけである。


時勢を痛ましく感じるにつけ、花を見ても涙を流してしまい、

家族との別れを嘆き悲しんでいると、鳥の鳴き声にもはっと胸をつかれる。


戦火は何ヶ月もの長い間続いており、

家族からの手紙は万金にも値するほど貴重である。


白髪頭をかきむしると、髪の毛がますます短くなってしまい、

もはや冠をとめるかんざしを挿すのにたえられなくなりそうである。

関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用