TOP漢詩 ≫ 春夜喜雨(杜甫)

 春夜喜雨(杜甫)

春夜喜雨(杜甫)

[ 原文 ]

好 雨 知 時 節

当 春 乃 発 生

随 風 潜 入 夜

潤 物 細 無 声

野 径 雲 倶 黒

江 船 火 独 明

暁 看 紅 湿 処

花 重 錦 官 城

[ 書き下し文 ]

好雨時節を知り

春に当たりて乃ち発生す

風に随ひて潜かに夜に入り

物を潤して細やかにして声無し

野径雲は倶に黒く

江船火は独り明らかなり

暁に紅の湿ふ処を看れば

花は錦官城に重からん

[ 現代語訳 ]

好い雨は降るべき時を心得ていて、

春になった今こそ万物を生育させる。

風のままにひっそりと夜まで降り続き、

万物を潤わせて細やかで音も立てない。

野原の小道も雲もあたり一面が黒く、

川に浮かぶ船のいさり火だけが明るい。

夜明けになって紅色をした湿っている所を見ると、

花が錦官の町中に重く咲いている。

関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用