TOP論語 ≫ 論語「為政以徳」 現代語訳・書き下し文

 論語「為政以徳」 現代語訳・書き下し文

[ 為政以徳 ]

[ 原文 ]

子曰、「為政以徳、

譬如北辰居其所、而衆星共之。」


[ 書き下し文 ]

子曰はく、「政を為すに徳を以てすれば、譬へば北辰

の其の所に居て、衆星の之に共ふがごとし。」と。


[ 現代語訳 ]

先生が言うには、「道徳によって政治を行えば、たとえば北極

星が自分の場所で動かないで、多くの星がそれに向かって動

くようなものである。」と。


関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用