TOP古文 ≫ 此必苦李(世説新語)

 此必苦李(世説新語)

此必苦李(世説新語)


[ 原文 ]

王戎七歲、嘗与諸小兒遊、

看道辺李樹多子折枝。

諸兒競走取之、唯戎不動。

人問之、答曰、

「樹在道辺而多子、此必苦李。」

取之信然。


[ 書き下し文 ]

王戎、七歳のとき、嘗て諸小兒と遊び、道辺の李樹

の子多くして枝を折れるを看る。

諸兒競ひ走りて之を取るも、唯だ戎のみ動かず。

人之を問へば、答へて曰はく、

「樹、道辺に在りて子多し。此れ必ず苦李ならん。」と。

之を取れば信に然り。


[ 現代語訳 ]

王戎が七歲の頃、以前、子供たちと遊んでいて、

道端の李の樹に実がたくさんなっていて枝が折れそうなのを見つけた。

子供たちは先を争って駆け寄り之を取ったが、王戎だけは動かなかった。

人がその理由を問うと、答えて言うには、

「木が道端にあって実がたくさんなっているのは、

それはきっと李が苦いからでしょう。」と。

それを取ってみると実際にその通りだった。


Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用