令七歩中作詩


[ 令七歩中作詩 ]

文帝嘗て東阿王をして七歩の中に詞を作らしめ、

成らざれば大法を行はんとす。

声に応じて便ち詞を為りて曰はく、

「豆を煮て持つて羹と作し、 豉を漉して以て汁と為す。

萁は釜下に在りて然え、 豆は釜中に在りて泣く。

本同根より生ぜしに、 相煎ること何ぞ太だ急なる。」と。

帝深く慚づる色有り。


スワップ金利を利用